リノベーションで持てる!マイワークスペース&書斎

コロナの影響で、リモートによるワークスタイルに急に変更になったり、家にいる時間が長く、机に向かう事が増えたりして、今まで必要と感じなかったワークスペースや書斎が必要に感じたという方、もっと快適なスペースにしたいと感じた方は多いようです。簡易的にデスクを設け、ワークスペースを作ることも出来ますが、リフォームやリノベーションの計画があるなら、前もってマイワークスペースを持つ事を検討してみるのはいかがでしょうか?

ワークスペースや書斎に特別な個室は必要ない!?

リビングやダイニングキッチン、寝室、子供部屋など必要な部屋を確保して間取りを計画すると、ワークスペースなんて到底設けることなんて出来ない、と感じられる方も少なくありません。しかし、発想の転換でマイワークスペースや書斎を持つ事は可能です。どうやってスペースを確保出来るでしょうか?

■壁面を利用する

本格的な個室は必要なく、パソコンが使えるほどのスペースがあれば良いという場合には、壁面の利用を考えてみましょう。奥行きの短いカウンターを造り付けすることも出来ますし、跳ね上げ式のカウンターにしておけば、使いたい時だけデスクを出し、普段は空間を広く使うことが出来ます。部屋の壁でなくても、2階の階段横のホールや、広めの踊り場にカウンターを設けワークスペースを確保することも出来ます。リビングや踊り場など、家族が使う空間にカウンターを設けることは、家族で共有できるワークスペースとして人気です。
また、壁面収納を設け、その一角をデスクとして使えるようにしておくことも出来ます。椅子を持ってくれば、デスクとして使え、普段は飾り棚に、デスクとして使わなくなったら本来の収納スペースとして使えるので便利です。リノベーションによって、収納とデスクを兼ね備えた壁面収納を作ってみましょう。

■広い空間を利用する

リビングや寝室など、今ある広い空間を利用することも可能です。といっても、間仕切り壁を作ってしまうと狭くなりますし、仕上げ材やドア代など費用も高くなります。そこでおススメなのは、可動式間仕切り戸を設置して空間を区切るという方法です。もっとおススメなのは、可動式の本棚や収納棚を造作で作ることです。
ワークスペースとして全部囲ってしまわず、広い部屋を必要な時に必要なスペースだけ収納棚で区切ってワークスペースを作れるようにしておくのです。天井と床にレールを設け、大容量の収納棚にするのも良いですが、音漏れなどが気にならないのであれば、背丈ほどの高さで、ロック付きのキャスターのある棚にしておくことで、上部から冷暖房も届きますし、収納棚を移動させ他の場所で使うことも出来ます。

ワークスペースを設ける時の注意点

スペースを確保出来て、いざリノベーションでワークスペースを設ける時には、注意したい点がいくつかあります。

■作り込み過ぎない

自分の空間が出来ると、つい細かく収納場所や家具の配置、照明の場所など作り込んでしまうことがあるかもしれません。家や用途に合わせて作り込める、リノベーションだからこその注意点です。
自宅で本格的に仕事をされる方は問題ないかもしれませんが、一時的な場所の確保や、趣味のスペース、家族構成が変わる可能性がある場合などは、作り込み過ぎないように注意しましょう。使わなくなった時に物置のようになってしまったり、趣味が変わった際に使い勝手の悪い空間になってしまったりするかもしれません。
ですから出来るだけ、どんな部屋としても使える空間を作ることを心がけましょう。収納を固定しないことや、可動棚にしておくこと、照明はライティングレールを設けて動かせるようにしておくこと、デスクは誰でも使えるようなカウンターテーブルなどのシンプルなデザインや色を選んでおくことが出来ます。用途やスタイルに合わせて柔軟に変更できる空間にしておくことがポイントです。

■ワークスペースのサイズを考える

仕事柄、またマイスペースとしてやっぱり独立した個室が欲しいと感じる方もいらっしゃいます。その場合は、リノベーションの際にワークスペースを優先して間取りに組み込んでいくことが出来ますが、部屋のサイズに注意しましょう。そこで寝るわけではないなら、ベッドを置くような寝室や子供部屋のような広さは必要ないかもしれません。用途や必要な収納スペースを前もって考えることで、必要なサイズが分かってきます。
2帖ほどのスペースがあれば、パソコンが使用できるカウンターにイス、キャビネットを設けられると感じる方は少なくありません。

まとめ

自宅で仕事をしたり、趣味を楽しんだりする方が増えているため、ワークスペースを設ける家が増えてきました。本格的な個室を確保しなくても、壁面や階段の踊り場などのデッドスペースにカウンターを設けたり、広い空間を間仕切ったりしてワークスペースを設けることが可能です。しかし、用途に合わせて柔軟に使えるように作り込みすぎないことや、大きく作りすぎないことに注意しましょう。リノベーションやちょっとしたリフォームの際に意識するだけで、快適なマイワークスペースを持つことが出来るかもしれません。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up