テレワーク空間をリノベーションで手に入れるには!?

コロナ渦にあってソーシャルディスタンスを保つために新しいワークスタイル、tele:離れた所でwork:働く、テレワークが確立しつつあります。そんなテレワークのひとつ、在宅勤務によって家の間取りを見直す方が増えています。
間取りを変更し、テレワークのための働きやすい空間を作るリノベーションはどのようにすれば良いのでしょうか?

働きやすいテレワーク空間を作るリノベーション

仕事とはいえ、自分だけの空間、使い慣れた空間という家のメリットを生かした、働きやすいテレワーク空間にしたいものです。リノベーションでテレワーク空間を作る際のポイントをご紹介します。

■快適な生活空間を作る意識を忘れずに!

テレワークの場合は、母体は会社にあります。起業してオフィスを自宅に構えるわけではないので、立派なワークスペースを作ろうとするのではなく、あくまでも住みやすい快適な家を作るためのリノベーションを意識しましょう。その中に、ワークスペースを設けるというつもりで必要最低限の物、スペースを取り分けることで無駄なく、そして生活空間に入り込み過ぎないワークスペースを作ることが出来ます。
そのためには、在宅業務でのスケジュールを確認し、その業務で使う道具、例えばパソコンなどの機器や資料の量、文具などを具体的に考えたうえで、必要スペースや収納スペースを決めていきましょう。

中には、テレワーク空間を快適にしたいという思いから、収納を充実させたり、立派なデスクやイスを置いて広い個室を作ったりしようとするかもしれませんが、案外、パソコンひとつあればどこでも仕事が出来る、という方は少なくありません。しかし物が少ない一方で、リモート会議が多い場合は、他の部屋に音漏れがしない個室作りが必要になるかもしれません。テレワークスペースは居心地の良い空間を目指すのではなく、業務に必要な環境作りを意識することが大切です。

さらに、通勤によって場所による仕事モードへのスイッチの切り替えが出来辛い分、間取りや空間によって仕事と休憩時間、生活空間とのメリハリが出来るようにすることは重要です。何でも置いてワークスペースを居心地よすぎる、普段からこもってしまうような空間にしてしまうよりも、最低限必要なものだけにして、住空間をより快適な場所にすることを優先に考えたリノベーションにする方が、働きやすい環境作りには効果的かもしれません。

テレワークのためだけではないリノベーション

コロナの影響でテレワークという働き方によって在宅勤務が急増したものの、ステイホーム期間が終了し徐々に以前の働き方や時間差出勤をするなど、家で仕事をする必要がなくなったという方もおられます。そうなってくると、テレワークを考慮に入れたリノベーションは無駄になってしまうのでしょうか?

■自由度のある間取りにリノベする!

テレワークのために、と自宅に個室を作り、造り付けのデスクや書庫を作ってしまうと、自宅で働かなくなってしまった途端、その部屋を使わなくなってしまい倉庫のようになってしまうかもしれません。そんな問題を防ぐために、作り込み過ぎない自由度のある間取りにしておくのはひとつの方法です。これは、ワークスペースに限らず、今後家族構成の変化が考えられるお宅や、部屋を広く使いたい方におすすめのリノベーションスタイルです。

部屋ではなく、空間を作るつもりで壁や書庫を可動式にすることが出来ます。テレワーク期間中や、仕事の時間だけ可動式の壁や棚を移動させて間仕切りを作りワークスペースを作るのです。そうすれば、状況や働き方の変化に応じて間取りも変更でき、無駄な空間を作ってしまうことを防げます。しかも、普段は空間を広く使うことができるというメリットもあります。

■家族でシェア出来るワークスペースにする!

他の方法として、ワークスペースを使う人を誰か一人に絞った間取りにしないことで、無駄なスペースを作らずにすみます。その点で人気なのが、リビングなど家族が集まる一画に設けるリビングオフィスというスタイルです。テレワークスペースとしてだけでなく、子供達の勉強部屋や読書や趣味の空間として家族全員が自由にシェアできるスペースにしておくことで、テレワークが無くなったとしても無駄にならない、むしろ便利な空間になります。

リビングに設ける際には、ドアを付けないセミオープンスペースにして、さらにリビングに向かって小窓や開口部を設けることにより、リビングにいる子供達や介護が必要な家族を見守ることが出来て在宅ワークがしやすい環境になります。子供部屋や、他の部屋にそれぞれ机を設ける必要もなく個室を広く使えることや、家族が顔を合わせコミュニケーションの回数が増えるという点でも、人気の間取りです。
しかし、リビングオフィスを作る際には、家族それぞれが利用する時間帯やリモート会議がある場合は音漏れなどの確認、業務内容に対する仕事とのメリハリが出来るかなども検討して、現実的な間取りかどうか考えてうえで作ることが大切です。

まとめ

コロナの影響で、テレワークとして在宅勤務をする方が増えました。リノベーションによって働きやすいテレワーク空間を手に入れるためには、業務内容やスケジュール、必要な物を具体的に考えたうえで必要最低限のスペースや設備にすることがおすすめです。そうすることで、快適な生活空間を作り、仕事とのメリハリが保てます。さらに、今後のことを考え、可動式の間仕切りにするなど自由度の高い間取りにしたり、家族でシェア出来るワークスペースにしたりするというのも、現代のワークスタイルにピッタリの空間です。
自分のライフスタイル、ワークスタイルを具体的に考えたうえで、リノベーションだからこそ出来る快適なオリジナル空間を手にいれましょう。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up