リノベーションをする時の設備メーカーはどうやって決めるの?

キッチンやユニットバス、トイレ、洗面化粧台など、リノベーションやリフォームの際にデザインやカラーを検討しなければいけない設備機器はいくつもあります。そんな設備機器は、デザイン性以前にメーカーを選ぶ必要があります。

数あるメーカーの中から、リノベーションに最適なメーカーをどうやって決めると良いのでしょうか?

メーカーを選ぶ時の決め手は何?

メーカーを選ぶ時の決め手となるポイントはいくつかあります。生活スタイルやリノベーションする際の優先順位によって決め手が変わってきます。リノベーション経験者は、どんな点が決め手となったのでしょうか?

■デザインが決め手!

リノベーションによって実現させたい家のインテリアテイストは既に決まっているでしょうか?テイストを決めたうえでリノベーションを行う人の多くは、したいテイストに合うデザインが決め手になっています。例えば、キッチンは、部屋の雰囲気を左右する存在感のある設備機器のひとつです。自然素材でコーディネートした部屋や、レトロな雰囲気の部屋には、ステンレスのキッチンはモダンになりすぎます。

やはり木扉や、人工大理石やタイルの天板のキッチンが合います。各メーカー、カラーや仕上げ材のラインナップは沢山ありますが、したいテイストに合うデザインのものが、全てのメーカーに揃っているとは限りません。テイストに合う家具を選ぶように、設備機器を選んでみましょう。

中には、テイストに合わせるのではなく、設備機器にテイストを合わせたというケースもあります。このデザインに一目ぼれした!といえるような設備機器に出会えた方です。キッチンなど毎日使い、目にする設備機器は特に、気に入ったデザインにしておくことで愛着がわきます。水回り設備機器だけでなく内装材も扱っているメーカーの中には、部屋全体でコーディネートできるように扉の色やデザインを合わせているところもあります。それぞれのメーカーのデザインに注目してみるのも一つの方法です。

■サイズが決め手!

新築と違い、ある程度枠が決まっているリフォームやリノベーションの場合、設備機器を選ぶ際にサイズを合わせることが重要な場合は少なくありません。

例えば、収納を増やすためにリノベーションをした方は、何を収納したいか、どれぐらいの収納量が必要かを把握しているため、希望の容量が収納できるサイズが決め手となっています。また、コンパクトなサイズのものを選びたいとか、間取りを優先にすると最小サイズのあるメーカーがココだけだった、というケースもあります。

規格サイズがある程度決まっている中でも、数センチ単位で選べるメーカー、最大サイズや最小サイズを取り扱っているメーカーなど、サイズのラインナップがメーカーによって異なります。今ある問題点を把握したうえで行うリフォームだからこそ、また間取りを変更して導線を良くするリノベーションだからこそ、サイズが決め手となったという方は少なくありません。

■価格が決め手!

リノベーションは大きな買い物です。中古物件を購入したうえでリノベーションした方の中には、物件購入費用とリノベーション費用を考えると、設備機器にはそれほどお金をかけないことに決めて予算を立てる方は少なくありません。そのような方にとってメーカーを選ぶ決め手は価格です。
水回り3点セットなど、限定セットで特価品を出しているメーカーもあります。価格を重視することで、予算に合うメーカーから設備機器を選ぶことが出来ます。

メーカーを選ぶ時の注意点は?

決め手となる部分を決めたうえで、さらにどんな点に注意してメーカーを選ぶことができるでしょうか?

■リノベーション会社の提案は?

リノベーションすることを決めた際に自分である程度、設備機器メーカーのホームページやカタログにも目を通しているかもしれません。そこから、メーカーや商品を既に絞り込んでいるかもしれませんが、プロの意見、提案を受け入れることで失敗のないリノベーションが出来たり、より良いメーカーに出会えたりすることもあります。

リノベーションのプロとして数多く現場を見てきたため、デザイン性やサイズがピッタリなメーカーの選択肢を幾つか提案することが出来ますし、メーカーのホームページからは分からない、リノベーション会社ならではの値引き価格や特価品を用意することも出来ます。プロの提案は、後悔しないリノベーションを行うカギとも言えます。

■カタログでは分からないこともある!

メーカーをいくつか絞り込むことが出来たら、可能な限りメーカーのショールームで実物を見たり触ったりしましょう。カタログで見ていた色と雰囲気が違うこともありますし、扉の重さ、開閉音、取手の持ちやすさなど、実際に使う動作をしてみないと分からないこともあります。そしてそのような、見えなかった部分は、日々使っていくなかで重要な部分でもあります。ショールームに行ったことで、ほぼ決まりかかっていたメーカーが変わったというケースは少なくありません。

大きさ、色、デザイン、立体的に見て感じたうえで決めるために、早い段階でショールームに足を運びましょう。しかし、3社程に絞り込んだうえで行かなければ、選択肢が多すぎて分からなくなる可能性があるので、ある程度、予算や間取りを元に絞り込んだうえで、見に行くことがおススメです。

まとめ

選択肢の多い設備メーカーですが、リノベーションに最適なメーカーを選ぶためには、リノベーションでの優先順位、決め手となる部分を考えておきましょう。多くの場合、デザインやサイズ、価格が決め手となります。そして、決め手となることが何であっても、リノベーション会社の提案を聞くことで選択肢が広がり、条件にあったメーカーを選ぶうえでの近道となります。さらに、メーカーのショールームに行くことも大切です。

リノベーション会社と同様、リノベーションで使う設備メーカーは豊かな暮らしへ繋がる大切な出会いです。慎重に検討、比較したうえで決めましょう。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up