DIYリノベは危険!?プロにお願いすべき部分の線引きはどこ? 

築年数の古い物件を購入してリノベーション会社に依頼するのではなく、DIYでマイペースにリノベーションを楽しみたいという方が増えています。テレビ番組でもDIYリノベーションが取れ上げられ、安い費用で行えると注目されています。しかし、DIYでリノベーションすることには、危険が伴う部分もあるので注意 が必要です。

DIYでリノベーションすることは、どんな点が危険なのでしょうか?また、プロに依頼すべき点やDIYを楽しむ秘訣についてご紹介したいと思います。

DIYでは危険!プロに頼むべき部分とは?

DIYでリノベーションすると危険な部分があります。プロにお願いすべき部分とはどこなのでしょうか?

■水回りのDIYで費用が高くなる可能性も!

水回り部分の劣化はキッチンや洗面台など設備機器だけではない可能性があります。設備機器を取り替えて見える部分は新しくなっても、配管など表から見えない部分が劣化していて水漏れが生じているということもあります。どんなに新しい設備に変えても、水を通す配管部分が悪いと、すぐに修理が必要になって床を剥がすなどの工事が必要になってしまいます。2度手間になるだけでなく、修繕費用もかかってしまいます。

では、配管も自分ですべて新しくしてしまえばいいのではないか?と、思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、蛇口交換など簡単な部分は自分でも行えますが、ガス管の接続や配管の移設など資格が必要なものもあります。資格が必要ない部分でも、手順を間違えたり、施工不良箇所があったりすると、水漏れや詰まりの原因になり再度工事が必要になります。修理のために結局プロの手を借りなければならないことになるかもしれません。リノベーション後だけでなく、工事中の事故に繋がる可能性もあるので、水回りの工事はプロに任せましょう。

■構造部分はプロの知識が必要!

壁や柱を新たに作って部屋を増やすことは比較的DIYでも問題なく行えますが、撤去する場合は危険が伴います。

例えば木造戸建ての場合、間取りを変えたいからと壁や柱、梁などを自由に撤去してしまうと、家を支えている柱や壁があるので、耐震性能が弱くなることもあり、最悪の場合、倒壊の危険さえありえます。家の構造が分かっていて図面を読めるプロの知識が無ければ、家や家族を危険に晒しかねないのです。

だからと言って鉄筋コンクリート造のマンションであれば問題ないというわけでもありません。マンションの躯体となる部分は共用部分です。共用部分は基本的にリノベーションで触ることが出来ません。

どこが躯体部分なのか、配管などを含め、リノベーションして良い場所とダメな場所の判断をすることが難しいので、間取りを変えたり、壁を撤去するようなリフォームやリノベーションを行ったりする際には、プロに依頼するようにしましょう。

DIY出来る家にリノベーションしよう!

DIYすることで家を危険にさらしたり、結果費用がかかりすぎたりすることもあるので注意が必要ですが、だからと言ってDIYの全てが危険なわけではありません。DIYを楽しめる家にプロの力を借りてリノベーションすることが出来ます!

■プロの技術×DIYでリノベーション

趣味として、楽しみとして家をDIYで作っていくことは、お気に入りの家に長く住む秘訣のひとつでもあります。そのため、DIY出来る部分を残しておくことは重要です。中古物件を購入して、水回りや構造に影響する部分をプロにリノベーションしてもらうとしても、内装部分を作り込みすぎたり、家具を始めから設置してしまったりすると、DIYを楽しめる機会を失いかねません。ですから、自由度のある家にリノベーションすることを意識しておきましょう。

そのためには、物件を探す際やリノベーションプランをプロに相談する際に、DIYを楽しみたいことを伝えておくことが重要です。どこまで、プロの知識や技術が必要なのか、プロ目線でも教えてもらうことで、不安の無い家にすることが出来ます。

■DIYを楽しめる家にしよう!

リノベーション後にDIYをすることを決めているのであれば、DIY用のスペースを作っておくこともおススメです。DIYしたくても場所がない、狭い空間で周りの壁や家具を傷つけないように作業するのに神経を使う、など思うようにDIYを楽しめない方もいらっしゃいます。そのため、DIYを想定したスペースを作っておくことで、存分に楽しむことが出来ます。

木材や道具を運びやすい場所に作業スペースを作ること、作業で出るゴミを掃除しやすい床材にしておくこと、必要であれば防音空間にするなどの工夫が出来るかもしれません。DIY専用にしなくとも、土間のインナーテラスを設けて、ユーティリティルームとして自由に使える部屋にすることも出来るかもしれません。

まとめ

おうち時間を満喫するため、より心地良い家にするため、マイペースにDIYリノベーションを楽しみたいと思っておられるかもしれません。しかし、資格が必要な部分があったり、施工不良によって水漏れの原因を作りかねなかったりする水回りや、家の安全や規約にも影響する構造部分のリノベーションに関してはプロの知識と技術が必要です。

しかし、DIYでこだわりの家を作り上げていくことは、心地良い家にする秘訣でもあります。DIY出来る部分を残してリノベーションの依頼をしたり、DIY専用ルームを設けたりしてリノベーション後のDIYを楽しめるようにしておきましょう!


リノベ@計画は東京都中野区を中心に、自然素材を生かしたリフォーム・リノベーションにより、お客様の暮らしに合わせた心地よいデザイン・暮らしやすい住まいを提供します。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up