洗面化粧台

コロナ生活で玄関近くに手洗い!セカンド洗面台の問題点とは? 

コロナ禍での生活が始まり2年近く経った今、生活様式の変化に伴い、住宅にも変化が見られるようになりました。リモートワークによってワークスペースを設けたり、健康のためにホームジムを作ったり、そして最も多かったのが玄関近くに手洗い器を設けることです。洗面脱衣所内にある洗面台とは別に間取りに加えることから、セカンド洗面台とも呼ばれる手洗いスペースは、新築の間取りでも一般的に取り入れられるようになっています。

しかし、緊急性や必要性を感じて慌ててセカンド洗面台を設けた方の中には、今になって後悔したり、問題を感じたりしています。そこで今回は、セカンド洗面台を設けることによって生じたデメリットや問題点を確認し、採用する際の参考にしていただければと思います。

セカンド洗面台の問題点とは?

リフォームやリノベーションで新たに設けたセカンド洗面台の問題点、デメリットを確認してみましょう。

■コンパクトにしすぎた!

出来るだけ帰宅後すぐに手を洗えるようにと、既存の間取りの玄関ホールや廊下に手洗い器を設けた方の中には、設置場所を優先した結果、設置できるスペースが狭く、コンパクトな手洗い器を採用した方がいらっしゃいます。

目立たず設置できたり、デッドスペースを活用できたりして一見、上手く設置できたと喜んでいたものの、あまりにもコンパクトなことから、手が洗いにくかったり、水はねで壁や床が濡れてしまい掃除が大変になったりして後悔しておられる方もいらっしゃいます。

また、手洗い器を設置することばかり考えて、ハンドソープや手を拭くためのタオルの設置場所が無くて、設置したものの結局使いづらく、無駄に場所を取り、費用をかけてしまったと感じておられる方もいます。

■お気に入りのインテリアが台無しに!

緊急性があったため仕方ないとはいえ、とにかく安い洗面台を、使いやすい場所に設置したために、こだわってコーディネートしていたインテリアの雰囲気が台無しになってしまったというケースもあります。

メーカーのシステム洗面台は安価でデザインが良いものもありますが、存在感があり、今のインテリアに馴染まないというケースは少なくありません。いかにも、取って付けた!というような手洗い器の雰囲気に、帰宅の度に後悔する、なんてこともあります。

使い勝手良く、見栄え良くセカンド洗面台を設置する!

既にセカンド洗面台を取り入れた方の後悔ポイントを踏まえて、どんな点に注意してプランニングや設置をすれば、使いやすく、見栄えも良い手洗いスペースを作ることが出来るのでしょうか?

■間取りや導線を考えて設置する

既存の間取りに入るスペースを考えて、手洗い器を設けた方が多いので、コンパクトになりすぎた手洗い器は仕方がないことかもしれません。しかし、毎日使うものだということ、費用をかけて工事することを考えるのであれば、間取りや導線を考えたうえで手洗い器を設置しましょう。家全体をスケルトンにしてフルリノベーションに出来るとベストですが、それが難しい場合でも、玄関と水回りだけ、廊下と洗面、トイレだけなど、手洗い器を置きたい場所を中心に、少し幅を広げて間取りを検討してみましょう。

帰宅後に、上着をどこで脱いでいるか、荷物の量はどれぐらいかなど、帰宅した際の状況をよく考えてみましょう。荷物を置くスペースや大容量の収納が必要であれば、玄関横にシューズクロークを設けて、その中に手洗い器を設置することが出来るかもしれません。コンパクトな手洗い器よりも、子どものおもちゃやペットの足を洗えるような、マルチシンクの方が様々な用途に使えて便利だということに気づいた方もいらっしゃいます。

また、水回りスペースと一緒に検討した方の中には、セカンド洗面台ではなく、メインの洗面台を脱衣所内ではなく廊下側から使えるようにすることで、使い勝手の良いサイズのままで、不必要に手洗い器を増やすことなく、必要なスペースも確保できたケースもあります。

■人目に付くからこそセンスの良い造作手洗い器を!

玄関近くに手洗い器を設ける場合、頻繁に目に付いたり、角度によっては玄関先に立つ訪問客からも見えたりするかもしれません。

人目につくことを考えるなら、ただ手洗い器を設ければいいと思わずに、インテリアコーディネートも意識しましょう。勿論、メーカーが出しているシステム洗面台やコンパクト手洗い器の中にもおしゃれで、現在のインテリアテイストに馴染むものもあるので、お気に入りのものを見つけることが出来るかもしれません。

しかし、インテリアを合わせる点で難しさを感じるのであれば、造作手洗い器がおススメです。造作と言っても細かくデザインを考えなければいけないというわけではありません。セラトレーディングなど、洗面ボウルや水栓金具を扱っているメーカーから、お気に入りのボウルと蛇口、タオル掛けなどのアクセサリー類を選んで組み合わせ、カウンターに設置するだけで、センスの良い手洗い器を作ることが出来ます。部材を選び組み合わせることで、サイズも自由に合わせることが出来るのでリフォームにも向いています。

まとめ

ウィズコロナ時代にあって、必要になった玄関近くのセカンド洗面台ですが、急いでリフォームしたために後悔している方もいらっしゃいます。コンパクトすぎて使い勝手が悪かったり、反対に存在感がありすぎてインテリアを台無しにしていたりするかもしれません。セカンド洗面台を検討する際には、後悔しないように、手洗い器単体ではなく、周辺の間取りや導線をよく考慮したいうえで採用しましょう。造作手洗い器で、センス良く仕上げることも、愛着のわくスペースづくりに最適です。

必要性のあるもでも、後悔するようなリフォームを行うと使わなくなってしまうことがあるので、しっかりとしたプランニングのうえで使い勝手の良い空間を作りましょう。


リノベ@計画は東京都中野区を中心に、自然素材を生かしたリフォーム・リノベーションにより、お客様の暮らしに合わせた心地よいデザイン・暮らしやすい住まいを提供します。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up