20代・30代が中古マンションを買うときのポイントとは?

近年、まだまだ若い、と言われる20代・30代の世代がマイホームをもつことが一般的になっています。賃貸物件ですら、家を探すのは難しいと感じる方が多い中で、若いうちに家を探して購入することには不安を感じるかもしれません。しかし、20代・30代の若いうちにマイホームをもつことには多くのメリットがあります。しかも、中古物件を買ってリノベーションをして住むことには、特にメリットがあります。

では、若いうちこそ中古マンションが買い時と言えるのはどうしてなのでしょうか?そのメリットと、人気エリアで買い逃しをしないためのポイントをご紹介したいと思います。

1.20代・30代が中古マンションの買い時!?

20代・30代の若い世代の中でマイホームをもつことが一般的になっている理由は何でしょうか?また、新築マンションではなく中古マンションを買うこと、その家をリノベーションすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

■長く住める家・長く住みたい家が見つかる!

早い段階でマイホームをもつことによって、お気に入りの環境に長く住むことができます。しかも、若いうちに住宅ローンを組めるということは、比較的若いうちに返済が終わるということです。中には、ローンの返済に追われ仕事尽くめで、せっかくのマイホームなのに、そこで暮らした思い出が少ないという方や、60歳を超えても返済のために働かなければいけない方もいらっしゃいます。早い段階で家を購入することによって、マイホームでの暮らしを楽しむ余裕にもつながるかもしれません。

また、返済計画など早い段階で人生におけるマネープランを考えるきっかけになります。マイホーム購入のために費用がかかるとはいえ、どのタイミングでリフォームが必要になるか、子育てでいつ費用がかかるかを確認しておくことが出来るので、急な出費に対応したり、仕事で独立するなどのビジネスプランも立てやすくなったりするかもしれません。しかも、持ち家で家賃を払っていく必要がないので、老後の生活費の負担も軽減でき、生活に合わせてバリアフリーにするなどのリフォームをすることも出来るので、さらに長く住める家になります。

■20代・30代だから活用できる制度がある!

20代・30代は比較的収入の少ない時期なので、マイホームをもつとしても新築の金額には圧倒されるかもしれません。特に人気エリアに住むことには難しさを感じます。しかし、中古マンションであれば、手が届く金額の物件が増え、人気エリアの選択肢も広がります。中古のため、ユーズド感や劣化を感じられる物件もありますが、リノベーションをすれば、新築同様の美しさになるだけでなく、自分仕様の家を作ることが出来ます。しかも、中古マンションを買ってリノベーションをしても合わせてローンが組めるうえに、新築マンションを買うより費用を抑えられることがほとんどです。

さらには、若い世代の特権として、活用できる制度が多いという点も、中古マンションを購入してリノベーションをするメリットのひとつです。例えば、『こどもみらい住宅支援事業』があります。子育て世帯や若者夫婦世帯による省エネリフォームで最大45万円の補助金があります。また、『長期優良住宅化リフォーム推進事業』では、子育てしやすい環境整備のためのリフォームや性能向上リフォームに対して補助金が出ます。中古マンションで購入費用を抑えるだけでなく、お得にリノベーションすることによって、賢くマイホームを手に入れることが出来る時期です。

2.人気エリアでは物件不足!お気に入り物件を逃さない方法

新築が建ち続けている一方で、若い世代を中心に人気の中古マンションは、物件が減少しています。特に都心の人気エリアでは、物件不足が出てきています。その中で、一点物とも言えるお気に入りの中古物件を逃すことなく購入するには、良い計画と準備、意識が重要です。お気に入りの物件を逃さないためにはどうすればよいのでしょうか?

■中古マンションの特権!事前のエリア探索

中古物件は、住みたいエリアを先に絞り込んでも比較的選択肢が多いことがメリットのひとつと言えます。そのため、まずは、住みやすいエリア、住みたいエリアを絞り込んでおきましょう。仕事や通学に便利の良いところや、子育てがしやすい環境など、候補をあげたうえで物件探しを行うと、候補の物件がいくつか見つかった時に優先順位を明確にしやすくなります。

また、マンションの内覧の際には、リノベーションでは変わらない、周りの環境を見ておくことは重要です。駅やスーパー、公園までの距離など生活圏内がどのような環境なのか、実際に生活したときのことを想定して歩いて見て回りましょう。内覧日以外にも、平日や休日、雨の日など時間や曜日を変えて確認しておくことで、より立地環境を把握できるようになります。事前に探索できるのは、既に多くの人の暮らしがある街、中古マンションだからこそ出来る特権です。

■リノベーション会社が決まっていればスピーディー

気に入った立地で、物件が見つかったものの、希望通りにリノベーション出来るか分からず悩んでしまったり、確認中だったり、リノベーション会社を探して改めて同行してもらったりしている間に、他の人に購入されてしまったという失敗例もあります。この失敗は、リノベーション会社を事前に決めておくことによって避けられます。

物件選びの段階からリノベーション会社に相談しておくこと、特に物件探しからリノベーションまでワンストップで行ってくれるリノベーション会社を選んでおけば、内覧の時点で同行し希望通りのリノベーションが出来るかどうかの判断を行うことが出来るので、不安材料を取り除き、スピーディーに事を運ぶことが出来ます。中古マンションを買うこと、リノベーションすることが決まっているのであれば、物件探しよりまずリノベーション会社を決めておくと買い逃しを防げるので安心です。

3. まとめ

マネープランが立てやすく、長く住める家になることや、補助金制度を活用できることなどから、20代や30代の若い世代でも、マイホームをもつことが一般的になっています。新築では、購入費用が高く、希望の立地に家が見つからないとしても、中古物件でリノベーションをすれば、お気に入りのエリアで費用を抑えてマイホームをもつことが可能です。事前にエリアを絞り込んで、環境を確認することに加え、リノベーションのプロ、ワンストップで行えるリノベーション会社に早い段階で依頼しておくなら買い逃しを防げます。

家を持ちたいけど、まだ早いのか?と感じるのであれば、中古マンションをリノベーションするという方法ではどうか確認してみるのはおススメです。


リノベ@計画は東京都中野区を中心に、自然素材を生かしたリフォーム・リノベーションにより、お客様の暮らしに合わせた心地よいデザイン・暮らしやすい住まいを提供します。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
 
Scroll Up