リノベーションが出来ないリフォーム会社もある!?見分け方とは?

後悔のないリノベーションを行い、満足度の高い暮らしをするには、リノベーションを依頼する会社選びが重要です。数多くあるリフォーム・リノベーション会社の中から、2・3会社に絞り込んで見積りをとり、最終的に1か所に絞るまでに、慎重さと努力が求められます。しかし、中には初めの2・3会社に絞り込む時点で、失敗している場合があります。それは、リノベーション工事が出来ない会社を選んでいることがあるからです。

リノベーションが出来る会社、そして満足のいくリノベーション工事を行ってくれる会社を選ぶには、どうすれば良いのか、ご説明したいと思います。

1.リフォームとリノベーションは世界が違う!

リフォーム会社に依頼したのに、実際に打ち合わせや工事が始まると、たどたどしく、スムーズに進まない、後悔の残るリノベーションになったという失敗を味わっておられる方は少なくありません。なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

■リフォーム会社の全てがリノベーションを出来るわけではない!

一般的に、リノベーションは、リフォーム会社に依頼すれば良いと思っている方は少なくありません。たしかに、リノベーションが出来るリフォーム会社は多くあります。しかし、多くのコラムの中で、リフォームは老朽化したものの交換や修繕、リノベーションは今よりもより良く、価値を高めるもの、というように違いが取り上げられていることからも分かるように、リフォームとリノベーションでは、工事の内容が大きく違います。交換や張替えのリフォームに対し、壁や柱を撤去して間取りを変えるようなリノベーションは、工事の規模も金額も違います。

しかし、リフォーム会社の中には、壁紙や床材を変える内装リフォームのみをメインとしている会社や、キッチン、ユニットバス、トイレなど設備機器の交換をメインとしている会社があります。そのような会社は、リフォームの工事実績は多くても、リノベーションの実績はゼロという場合もあります。

リノベーションを依頼するのであれば、リノベーションを専門とした会社か、リフォーム会社の中でも、フルリフォームやスケルトンリフォームといった、間取りを変えるような大掛かりな工事経験が豊富な会社に依頼するようにしましょう。

■評判が良くてもリノベーションが出来ない会社への依頼は危険!

リフォーム会社としての評判が良く、地域で名前も知られているという会社はいくつもあります。また、リノベーションの実績がなくても、リノベーションの依頼を受けるというリフォーム会社もあります。評判の良さは、依頼するうえでの安心材料にもなるので、リノベーションの経験が少なくても、リフォーム会社として問題がなければ、大丈夫なのではないと考える方は少なくありません。しかし、実際には下記のような後悔や危険に繋がるかもしれません。

・提案力がない・・・インテリアテイストを変えたり、間取りのプラン数があったりといった提案力がないため、選択肢が広がらない。失敗のないリノベーションは出来ても、満足度の高い工事にはならない可能性が高い。

・見積りが曖昧・・・小さなリフォームに対する工事費は出せても、大がかりな工事経験がないので、正しい予算が出せていなかったり、保身のために高めに見積もりを出したりして適正価格になっていないことがある。リノベーションでは一般的である追加工事等の予算が見込めていない場合も多い。また、リノベーションに伴う助成金や補助金を知らなかったり、手続きが不慣れだったりして、もらえる助成金を得損なう可能性もある。

・構造に影響する・・・交換リフォームがメインの会社であれば、構造に関係する部分を扱っていないことが多い。知識がないまま構造に影響するリノベーションを行うと、耐震性が低下して家そのものが危険にさらされる場合もある。

2.リノベーション経験がある優良会社を選ぶ時のポイント

リフォーム会社の全てがリノベーションを出来るわけではないので、依頼する会社選びには注意が必要です。では実際に、リノベーションが出来る会社を探す際に、どんな点に注目して選ぶと、優良なリノベーション工事が出来る会社を見つけることが出来るのでしょうか?ポイントをご紹介したいと思います。

■リノベーションでも構造によって違う!

フルリフォーム、スケルトンリフォーム、リノベーションなど、大がかりな工事や、間取りを変えるようなリノベーションを行える、とうたっている会社であれば、基本的にリノベーションには対応してくれると安心するかもしれません。しかし、その中でも注意が必要です。工事が出来るかどうかと、問題なく、より良いリノベーションが出来るかどうかは別の話だからです。

特に、構造の違いは大きく影響します。例えば木造で、在来工法とツーバイフォー工法では、同じ間取りでも、抜ける壁や柱は異なります。同じく、鉄筋コンクリート造の集合住宅でも、柱と梁で構成されるラーメン構造では、間取りを自由に動かせますが、壁式構造では、構造体となる壁があって間取りの変更に制限があるかもしれません。また、戸建てでは自由に扱える窓やドアは、マンションになると扱えなくなります。古民家と輸入住宅では、設備機器の種類や仕様、デザインも大きく異なります。

さらに、リノベーションでは戸建てならではの補助金があったり、集合住宅ならではの必要な手続きがあったり、発生しやすいトラブルなども、構造や環境によって異なってきます。住宅ではなくオフィスや店舗のリノベーションにのみ特化しているという会社もあります。

そのため、依頼したい会社が、リノベーション経験があっても、どの構造や環境、仕様に対応しているのか、という点を確認することが重要です。自分の家の建物の構造を確認したうえで、同じ構造の住宅リノベーションを行ったことがあるかを聞いてみましょう。工事件数を確認したり、実際に施工例を見せてもらったりすることで、リノベーションが出来る会社の中でも、より自分の家に合った会社に依頼することが出来て安心です。

■オーダーメイドこそが提案力の証拠

ライフスタイルに合わせてオーダーメイドで、より良い暮らしが出来る家を作ることがリノベーションの醍醐味です。そのため、リノベーションを行える会社の中でも、提案力のある会社を選ぶことは大切です。しかし、リノベーションの施工例は新築とは違い、同じものがひとつとしてないので、提案力の有無を確認することは難しく感じるかもしれません。

その点で、ひとつの目安となるのは、施工例をいくつかの会社で比較するのではなく、同じ会社の中で比較しながら確認することです。リノベーション会社の中には、会社なりのパターンやパックのようなものがあって、同じテイストや設備機器を使っている場合があります。ライフスタイルではなく、家の面積や予算メインで提案をしていたり、設計者や担当者が得意とする方法でプランをしていたりするかもしれません。そのような会社は、施工例を見ると、どれも同じような仕上がりに見えてきます。しかし、暮らしに寄り添った提案が出来る会社であれば、同じメーカーのキッチンを使っても、レイアウトが違ったり、内装材が違ったりします。施工例を比較することで、理由があって間取りや素材、デザインが1軒1軒異なることが明らかに分かります。

会社選びをする際には、施工例を見比べるかもしれませんが、会社が違うので施工例の雰囲気が変わるのは当たり前です。むしろ、気になる会社の施工例内で見比べることで、リノベーション経験が豊富かどうかだけではなく、暮らしに寄り添った提案が出来る会社かどうかを確認することが出来ます。

3. まとめ

リフォームとリノベーションは、工事内容や目的が違います。そのため、リフォーム会社の中には、リノベーションが出来ない、もしくは経験がない会社もあります。リノベーションが出来ない会社に依頼してしまうと、提案が少なかったり、見積もりが曖昧だったり、受けられる助成金を得損なったりするかもしれません。リノベーションを依頼する場合は、同じ構造や環境のリノベーション工事の経験が豊富な会社かどうかを確認しましょう。また、施工例から、暮らしに合わせた提案が出来ているかを確認することも大切です。

リフォーム会社だから、評判が良いから、という理由ではなく、リノベーションの実績があるかどうかを確認して、リノベーションが出来る会社に依頼しましょう。


リノベ@計画は東京都中野区を中心に、自然素材を生かしたリフォーム・リノベーションにより、お客様の暮らしに合わせた心地よいデザイン・暮らしやすい住まいを提供します。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up