トイレリフォーム

リノベで解決!掃除・除菌・消臭しやすいトイレにする方法とは?

コロナになって、トイレでの接触や感染が気になるようになった、ステイホームで家族が家にいるためトイレを使用する機会が多くなったので、頻繁にトイレ掃除の必要性を感じるようになったという方は少なくありません。

以前から家の中でも特に衛生面が気になる場所でもあったトイレはコロナ禍で特に、リフォームしたい部分、リノベーションの際には掃除や除菌、消臭に特化した空間にしたいという方が増えました。では、どのように、掃除がしやすく、除菌や消臭効果が期待できる快適なトイレにすることが出来るのでしょうか?

コロナ禍で気になるトイレ事情

コロナという見えない菌を意識するようになったため、トイレの掃除や除菌といった衛生面が気になるようになった方は多いですが、実はリノベーションでトイレを意識されるようになったことには、他にも理由があります。

■プライベート空間を快適に!

家に居る時は、トイレで過ごす時間が多いというトイレ空間が好きな方もいらっしゃいます。トイレに本を持ち込んだりする方も意外と多いようです。そのような方は、コロナ禍で家にいる時間が増えたため、必然的にトイレに居る時間が長くなったかもしれません。反対に家族も家にいる時間が長くなり、ゆっくりトイレを使えなくなったという方もいらっしゃいます。

ある意味、自分だけのプライベート空間となるトイレを、自分仕様に使いやすく快適にすること、混みあわないようにトイレはいくつ必要か、落ち着く広さはどれぐらいか、などもリノベーションで考える要素になってきています。コロナゆえにおうち時間が増えたため、衛生面を意識するだけでなく、プライベート空間を充実させるという目的でも、リノベーションの際にトイレデザインにこだわる方が増えているのです。

掃除・除菌・消臭のしやすい快適なトイレを作る方法

では、具体的にどんな間取りや内装材を使うことで、掃除や除菌、消臭がしやすく、快適なトイレを作ることができるのでしょうか?

■トイレ内に手洗い器を設ける

手洗い器付きの便器を選ぶことで、独立した手洗い器を設置する必要がないため、空間を広く使えるというメリットがありますが、汚れを防止するという点では、手洗い器を付けるのがおススメです。

便器に付いている手洗い器を使うと、どうしても水撥ねしてしまい、周りの床が汚れやすくなります。しかも、便器の奥の方は手が届きにくい場所になってしまいますし、場合によっては便座も濡れてしまう可能性があります。さらに、幼い子ども達にとっては手が届かない高さにあるため、壁に手をついたり、体を支えたりしながら手を洗うことも多く、汚れの原因となりかねません。

ムリな態勢をすることなく、手を洗える位置に独立した手洗い器を設けましょう。スペースがない場合でも、奥行き20cm程のスリムタイプや、壁厚を利用した埋め込みタイプを選ぶことで設置が可能となるかもしれません。また、水栓を自動水栓にするなら、蛇口をひねる必要がないので、接触を避け掃除を軽減することにも役立ちます。

■トイレ選びも重要!

掃除のしやすさ、という点では便器選びも重要です。汚れが付きにくい機能を持ったトイレを選ぶようにしましょう。

まず、接触を軽減するためにオート開閉やオート洗浄機能がついた便座を選ぶことが出来ます。また、洗浄の際のお掃除機能だけでなく、除菌機能がついたものもあります。TOTOのネオレストシリーズなど「においきれい」機能によってトイレ空間の消臭が出来るものもあります。

■自然の力を活用する

換気扇を付けたり、消臭剤、防臭剤などを置いて消臭効果や除湿効果を期待することも出来ますが、自然素材を内装材に取り入れることによって、自然の力で消臭・抗菌・除湿を行うことも可能です。

自然素材として代表的な無垢フローリングは、水気に弱いため床材には不向きですし、掃除もしやすいとはいえませんが、壁材の珪藻土を腰より上の壁材として使ったり、アクセントとして一面だけ取り入れたりすることで、効果を期待出来ます。LIXILの壁タイル、エコカラットも加湿・除湿、消臭効果があります。耐久性や耐水性が高く掃除のしやすいタイルを床材に使うのもおススメです。

自然素材と、抗菌・除菌機能のあるクロスや、掃除がしやすく抗菌性があるクッションフロアといった床材と組み合わせることにより、おしゃれ、かつ衛生的な快適空間を作ることが出来ます。

■トイレ内に収納を設ける

トイレの掃除をすぐに出来るように、トイレ内に必要な掃除道具を置けるようにしておくと、他の部屋を出入りする必要がないので便利です。また、買い物を減らしたり、災害時に備えたりするという点で、洗剤やトイレットペーパーなどを備蓄しておくうえでも、トイレ内の収納は役立ちます。

収納スペースを確保するために、便器の上部の壁やトイレのドアの上にオープン棚や戸棚を設置することができるかもしれません。しかし、圧迫感を避けたいという方は、手洗いカウンターとセットになったシステム収納を設置することが出来ます。扉付きのものを選ぶことで、汚れやホコリがつくことを避けられます。

トイレで考え事をしたり、本を読んだりされる方には、壁厚を利用したニッチを設けることで、本棚を作ることが可能です。

■トイレ丸ごと水洗いできるようにする!

もっとラクに掃除できたらいいのに、と望まれる方の中には、バスルームと洗面所、トイレをワンルームにリノベーションされる方もいらっしゃいます。床に排水口を作ることで、床を水洗いすることができて、掃除しやすくなります。

また、ワンルームバスルームは、個室の数が減ることによって壁が無くなるのでスペースを広く確保できるというメリットもあり、海外のようなオシャレな雰囲気を作るうえでも人気です。しかし、臭いや除湿の面から換気がしっかり出来るようにすることや、排水、防水もしっかり施工しておく必要があるので、リノベーションの際にデメリットも確認し、プロによく相談したうえで決定することをお勧めします。

まとめ

コロナの影響によって、除菌や消臭に特化したトイレにリフォームすること、家にいる時間が多くなったことで、掃除がしやすく快適なプライベート空間にトイレをリノベーションすることが意識されています。

リノベーションやリフォームによって、自動水栓が付いた手洗い器を設置することや、オート開閉やオート洗浄機能のあるトイレを選ぶこと、自然素材を使って空気を洗浄できる空間にしたり、収納を設けて備蓄が出来るようにしたりすることができます。

私達の生活には欠かせないプライベート空間でもあるトイレなので、しっかりこだわってリノベーションしましょう。


リノベ@計画は東京都中野区を中心に、自然素材を生かしたリフォーム・リノベーションにより、お客様の暮らしに合わせた心地よいデザイン・暮らしやすい住まいを提供します。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up