アウトドアリビング

アウトドア好きにはたまらない家にリノベーションしよう!

コロナの影響もあり、キャンプや登山、釣り、バーベキューなど、アウトドア人気が続いています。アウトドア好きにとっては、秋はキャンプのベストシーズンということもあり、毎週のように山や海に行くという方もいらっしゃるようです。そんな、アウトドア好きの方であれば、アウトドア気分を自宅でも味わいたい、アウトドアに行きやすい環境に家を整えたいと思いませんか?

リノベーションによってアウトドア好きに最適な家にすることが可能です。おススメのリノベーションの方法やヒントをご紹介したいと思います。

1. 行きたい時にすぐにキャンプに行ける家

思い立ったらすぐにキャンプに行ける、そんな家が理想ではないでしょうか?すぐに出かけられるようにするには、必要なキャンプ用品を揃えることや、準備しておくことは勿論大事ですが、家のつくりも大事です。

■土間続きの間取りで持ち運びしやすく

テントやテーブル、イスといったキャンプグッズを、室内を通り、靴に履き替えて車まで運ぶのは、面倒な作業かもしれません。靴を履いた状態で行き来できる間取りにすることで、効率よく準備が出来ます。

戸建てであれば、車に乗せやすいように庭やガレージ内にキャンプ用品を置けるスペースを作ることが出来るかもしれません。マンションであっても、家の奥まで行ける土間の廊下やインナーテラスを設けることで、土足のままで動きやすくなります。アウトドア用品もしっかり収納できるサイズのシューズクロークを設けることも人気です。土間スペースが広ければ、キャンプから帰宅した際にも、荷物をとりあえず置くことが出来て便利です。

■片付け・収納もキャンプの醍醐味

すぐにキャンプに出掛けられるようにするためには、すぐ使えるように道具を綺麗に整えて管理しておくことが必要になります。

キャンプ道具を車に詰め込んで帰宅することが一般的なので、車に乗せる時点で、ある程度掃除や片付けを行っているかもしれませんが、改めて道具を洗ったり、干したり、磨いたりするようなスペースを家の中にも設けておくと便利です。テントや寝袋、釣り竿など、長く大きいものや、サイズや形がバラバラなアウトドア用品に合わせて、部屋の収納棚は作りこみすぎず、オープンな可動棚にしておくことで、自由度の高い収納になります。

そして、ただ道具を収納するスペースを作るのではなく、ちょっとした作業が出来るアウトドア専用の部屋、趣味部屋を作るのはおすすめです。新しいアウトドア用品を購入しても、野外で使うまでは、広げたり、試せなかったりして、もどかしいという方も多いので、趣味部屋があれば道具を広げてみることや、お手入れがしやすくなります。

またコロナウイルス対策として、玄関近くに小さな手洗い器を設置するケースが増えていますが、アウトドア仕様にして、キャンプ用品も洗えるマルチシンクを、趣味部屋や土間スペースに設置することで、コロナ対策を兼ねることが出来ます。

2.アウトドア気分を味わえる家にリノベする

実際に野外に出かけるだけでなく、家の中でもアウトドア気分が味わえるようにすることもリノベーションによって可能です。

■アウトドアリビング・ベランダリビングを活用する

ウッドデッキやテラス、ベランダをセカンドリビングとして使う、アウトドアリビングやベランダリビングを取り入れることで、家の中でアウトドア気分を味わうことが出来ます。

リビングのようにテーブルやイスが置けるようなスペースのデッキや、土間空間を作りましょう。そして、既製品の家具やデッキ用の家具を使わずに、普段キャンプやバーベキューで使っているイスやテーブルを使うことで、アウトドア用品を収納する場所の削減にもなります。

マンションの場合は、庭がなくベランダも自由に活用することが出来ないのが一般的です。そのような場合は、搬入通路にも使える土間スペースやインナーテラスを広めにとることで、アウトドアリビングを楽しめる空間が出来るかもしれません。

■アウトドアアイテムを室内に取り入れる

アウトドアで使うアイテムを家の中で使えるようにすることもおすすめです。

例えば、のんびりした癒し空間を実現するため、ハンモックやブランコを室内に設置することが出来るかもしれません。どちらも荷重がかかるので天井に補強が必要となります。また、耐震の問題や、マンションの躯体部分など、設置が出来ない天井もあります。転倒の危険もあるので、プロに構造を確認してもらったうえで設置しましょう。

さらに、アウトドア用の簡易コンロや調理器具、食器といった小物を家でも使って兼用すれば、持ち物が増えすぎることを防げます。しかし、アウトドア用品は、野外で使えるように丈夫な素材で作られていることが多く、日常で使うと家具や床が傷ついてしまうということがあります。キッチンカウンターやワークトップを丈夫で熱い物を直接おいても問題のない、ステンレスやタイル素材にしたり、傷がついても味になるような無垢材を活用したりすることで、使い方でもアウトドア気分を継続できるかもしれません。

また、道具だけでなく家の内装を自然に囲まれているように自然素材を使って仕上げることもおススメです。床のフローリングだけでなく、山小屋のように壁や天井も無垢板を張ったり、室内ドアや窓も無垢を使い、木梁を見せたりすることで、自然の空気清浄機能を家の中でも感じることが出来て、リラックスムードを作り出せます。

3. まとめ

アウトドア好きにはたまらない家をリノベーションによって実現することが可能です。思い立ったらすぐにキャンプに行けるように、土足のままで荷物を運べる土間スペースを広くとることや、収納や作業、お手入れがしやすいオープン棚のある趣味部屋を作ることはおススメです。また、アウトドアリビングを取り入れたり、アウトドア用品を家でも使えるようにしたり、自然素材で内装を仕上げることで、家の中でもアウトドア気分を味わえます。

好きなことが家でも楽しめる、感じられるようなリノベーションをすることで、毎日をもっと楽しく過ごせるように出来るかもしれません。


リノベ@計画は東京都中野区を中心に、自然素材を生かしたリフォーム・リノベーションにより、お客様の暮らしに合わせた心地よいデザイン・暮らしやすい住まいを提供します。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
次の投稿
Scroll Up