シングルライフ・ウーマンライフにピッタリの物件はあるの!?

コロナ禍でおうち時間が増えたり、働き方改革によって仕事のスタイルが変わったりしたことで、家に目を向ける人が増えました。その中には、生涯独身を決め、シングルライフを楽しんでいる方や、仕事をもってバリバリ働いている女性も増えています。

シングルライフやウーマンライフを楽しむための家をもつためには、どのように物件探しをすれば良いのでしょうか?自分のライフスタイルに合った物件はあるのでしょうか?

1.単身者向けの物件は賃貸・新築しか無い!?

単身者や女性が物件探しで直面している問題にはどんな点があるのでしょうか?解決策はあるのでしょうか?

■単身者向け・女性専用物件は賃貸・新築ばかり!?

シングルライフを楽しむ家として、1~2LDKほどの部屋数が好まれますが、ファミリータイプと違って部屋数が少ない家は単身者向けの物件や学生向け物件として賃貸が多い傾向にあります。しかし、学生向けということもあり、部屋は広くなかったり、水回りが狭かったりします。趣味を楽しむスペースや、リモートワークに対応するようなスペースはないため、シングルライフを十分に楽しめる家とはいえないかもしれません。しかも、駅に近い物件やコンビニに近い物件など、学生や単身者に人気の立地環境にある物件の多くは賃貸物件です。

とはいえ、最近はシングルライフを長年楽しんでいる方や、女性がマイホームをもつことが増えてきたため、新築では広いリビングや、料理を楽しめるような大きなキッチンがある単身者向けの物件も増えています。しかし、新築というだけでも物件価格は高くなるうえに、単身者向けや女性専用というプラスの価値が付いたことで、さらに高くなってしまいます。自分らしく生活できる家が欲しいと思いつつも、家にお金をかけるべきか悩んでいる単身者にとって、物件探しは難しいものとなっているかもしれません。

■リノベーションすれば中古物件でも自分専用に!

単身者専用、女性専用の物件を探すと、物件価格は高く、選択肢も少ないかもしれません。しかし、リノベーションをするなら、中古物件でも単身者や女性向け、むしろ自分専用の家にすることが可能です。物件探しに、新築だけでなく、中古物件を加えるなら、選択肢が広がるだけでなく、リノベーションをしたとしても、新築の購入費用よりも価格を抑えられることが一般的です。物件購入費用が安ければ、賃貸に長く住むよりも、マイホームをもつことの方がメリットを感じられるかもしれません。

しかも、ワンルーム~2LDKなど単身者の割合が多くなる物件では、女性専用の方が安心と思っている方の中でも、子供や主婦、高齢のご夫婦など、同じマンション内に、様々な世代の方が住んでいるなら女性専用の物件でなくても安心と感じる方は少なくありません。リノベーションをすることで、ファミリータイプのマンションでも、シングルライフを送りやすい間取りに出来るうえ、安心して暮らせる環境になるかもしれません。

2.シングルライフ・ウーマンライフにピッタリな中古物件とは?

リノベーションによって自分らしい、お気に入りの空間にすることが出来ますが、マンションそのものや環境は、リノベーションではどうすることも出来ません。また、物件によってはリノベーションにも限界がある場合もあります。シングルライフやウーマンライフを楽しむ家を探すうえで、どんな点に注目して探すと良いのでしょうか?

■生活リズムの違いや音問題を事前に確認

ファミリータイプの集合住宅の場合は、単身者専用の物件ではないので、隣や上下階には子供たちがいる家庭が住んでいる可能性は高いかもしれません。家でゆっくりしたい時や、在宅ワーク中に、子供たちの声や足音が響いてくるかもしれません。反対に、生活リズムが違い、子供たちが寝ている夜中は静かすぎて気を使わなければいけないということもあるかもしれません。エレベーターの音や廊下の音が気になるというケースもあります。

物件探しの際には、近隣やマンションに住んでいる人たちの年齢層や音の響き方などを確認しておきましょう。その点でも、既に住んでいる人たちがいる中古物件の確認しやすさは、物件探しでのメリットと言えます。

■水回りのサイズ感や位置を確認

ファミリータイプのマンションでは、水回りの空間や設備機器が3~4人を想定したものになっています。そのため、広さやサイズを自分が使いやすいようにリノベーションしたいと思うかもしれません。しかし、間取りはリノベーションで変えることが出来ますが、マンションによっては、水回りの位置を移動させることが出来ない場合もあります。

例えば、単身者の中には、大きな浴槽ではなくシャワールームにして洗面所やトイレとワンルーム化したいと思っていても、物件の規約上、水回りのサイズが変えられなかったり、部屋をつなげたくても、トイレが邪魔な位置にあったりと、水回りが問題となって、思うようにリノベーション出来ない場合もあります。水回りの位置やサイズを変えることが可能な物件か、移動できない場合でも、水回りがまとまっていて、間取りの変更をしやすいかどうかなど、好みの水回りにリノベーション出来るかどうか確認しながら物件を探しましょう。

■セキュリティを確認

女性の方を中心に、セキュリティ面を重視される方は少なくありません。マンションそのもののセキュリティは、個人のリノベーションではどうすることも出来ない部分です。カメラやオートロックが付いているかを確認しておきましょう。オートロックのインターフォンや玄関ドアもリノベーションで変えることが出来ない部分なので、インターフォンがどのようなタイプで、カメラで実際にどのように映るのか、玄関のドアスコープ(のぞき穴)から、どれぐらい見えるのかを確認しておくと安心です。また、ゴミ捨て場がマンション内にあるか、一度外に出なければいけないのか、ポストや駐輪場の位置などの共用部分も、安全面を考慮するうえでの確認ポイントです。

また、立地環境も確認しておきましょう。時間帯によって印象が変わるところもあります。例えば、昼は人通りが多く明るいところでも、街灯が少なく夜は暗いという場所もあります。通勤や帰宅の時間帯に物件のまわりを見てみることも役立ちます。

3. まとめ

シングルライフやウーマンライフを楽しむための家を探したいと思っていても、条件の良い場所や単身者向け、女性専用の物件は賃貸が多いかもしれません。新築であればお気に入りの物件は見つかるかもしれませんが、購入価格が高くなってしまいます。その点でファミリータイプを含めた中古物件を自分好みにリノベーションすることで、選択肢が広がるうえに、費用も抑えることが出来ます。

個人のリノベーションでは変えることが出来ない、近隣の住人や立地環境、セキュリティをしっかり確認したうえで、リノベーション向きの中古物件を見つけるなら、自分らしい暮らしを楽しむ家を手に入れることが出来るかもしれません。


リノベ@計画は東京都中野区を中心に、自然素材を生かしたリフォーム・リノベーションにより、お客様の暮らしに合わせた心地よいデザイン・暮らしやすい住まいを提供します。

自然素材リノベーションで 実現する豊かな暮らし
無料相談
オンライン相談
Scroll Up